モゴモゴバスター 開発者 作成者

             

 

<開発者プロフィール・松尾光治>

 

略歴

● 東京都出身。早稲田大学第一文学部中退。在学中、早大派遣留学生・国際交流基金奨学生として米国アイオワ州 Grinnell Collegeに留学。

● 外国語学校バイリンガルにて英会話講師、教材開発。同社ニューヨーク校にて5年間講師および教務主任を務める。

● のち三井物産米国子会社のハイテク企業で総務・システムマネージャー (カリフォルニア、 シリコンバレー)、 営業職(ニューヨーク)として 9年間勤務。

● 2003年に Transtream LLC設立。シリコンバレーの米携帯コンテンツベンチャーの顧客管理、通訳・翻訳業。現在は字幕翻訳専門。 米国バーモント州在住。

● まぐまぐ!のオフィシャルメルマガ「英語のまぐまぐ!」に「教材は海外テレビCM! カジュアル発音攻略法」を好評連載中。アメリカの口語表現に特化した「Let's Speak American (vol.1)」も発売中。

 

英語資格試験

英検1級、TOEIC 985点



<開発者からのメッセージ>

 

こんにちは。モゴモゴバスター開発者の松尾光治(こうじ)です。
本業は字幕翻訳家です。

 

もともとは日本の英会話スクールの講師としてニューヨークに派遣されてきたのですが、
そのまま居ついて米国生活は26年になります。今でも英語について新しい発見をするのが楽しい毎日です。

 

ここでは、ただ英語圏に生活しているだけでは
映画や海外ドラマでも多用される日常会話のカジュアルな発音、つまり省エネ発音は
いつまでたっても聞けるようにはならない理由を、私の体験をもとにご説明します。


参考になれば嬉しいです。

 

私が省エネ発音のハードルをはっきり意識したのは、大学時代の留学体験です。
英語はもともと好きで、日本で結構しっかり勉強していました。
ですので、学期が始まって1〜2ヶ月もせずに大学の講義は十分にわかるようになりました。

 

ところが、いつまでたっても学生同士のリラックスしたカジュアルな会話にはついてけないのです。


「日常会話が一番聴き取れない」、という事実に愕然としていました。

 

英語教材にもよく出てくる「状況別日常会話」というのは、とりあえずはこなせたのです。
銀行や郵便局のやりとり、道を尋ねる、とかそういったものです。


でも、とりとめもない話というのがほとんどまったく歯が立たない。
どんどん話して貢献しないとアメリカ人にとってはその場にいないと同じ、ということもわかってきて、
学生のパーティなどでは強引に自分の得意な話題にふって、自分の話せることだけ話す、
というようなこともしていました。あまり楽しいものじゃないです。

 

最初の半年近くは、ただ「たくさん聞く」だけだったので、さっぱり進歩がなかったのです。
普段つきあう連中も、言っていることが聞き取りやすい相手と、わかりにくい相手がハッキリと分かれる。
そして、わかりにくい相手の英語は、いつまでたってもいっこうに聴き取れるようになりません。

 

キャンパスのカフェテリアでとなりのテーブルの学生達の会話をこっそりカセットレコーダー
(まだMD もICレコーダーもなかった)に録音してみたりもしました。そうやって録音したものを
何十回聞き返しても、わからないところはほとんどわからないままです。

 

誰かにその録音を聞いてもらって、なんと言ってるのか教わるわけにもいきません。
だいたい、こそこそと、そういうことをするのは自分で嫌気がさしてきます。

 

そんなある日、気づいたのです。

 

学生寮のラウンジで、当時人気のあったテレビドラマを学生たちが観ている。
“Dallas” “Love Boat” “General Hospital (GH)” “Different Strokes” とかです。
見慣れた光景でした。でもふと思ったのです。

 

「そういえばテレビドラマの聞き取れない部分と
学生のモゴモゴした不明瞭な口調はいっしょじゃないか?」

 

よく考えれば、いや、よく考えなくても当たり前のことなんですが
私にとってはニュートンのリンゴみたいなものでした。

 

これに気づいたあとは、カセットレコーダーで録音したテレビドラマのセリフをディクテーション。
わからないところを友人たちに教えてもらって、その音を文字と結びつけて覚えました。
口にも出して真似をし続けました。

 

テープが擦り切れてしまうので最初から予備のコピーを作って聴きました。
毎日3〜4時間くらいでしょうか、学業のほうはそこそこに、3ヶ月は没頭していました。
そうこうしているうちに、じわじわと聴き取れる幅が広がってきたのです。

 

それまで霧のかかっていた景色が、しだいにクッキリと見えてくるような感じで、
ふと耳にする通りがかりの学生の会話が全部判ることも増えてきて感慨深かったです。
こんなイメージです。

 

<省エネ発音が聞けなかった頃>

映画 海外ドラマ リスニング

 

<省エネ発音が聞けるようになって>

省エネ発音

 

もちろん、口語表現も知らないものだらけでしたが、省エネ発音が聞けるおかげで、
何がどう分からないのかの切り分けが出来るようになり、
加速度がついたようにカジュアルな日常会話の力が伸びていきました。

 

そうやって省エネ発音が聞けるようになったのが
私の英語とのつき合いの大きな、おそらく最大の転機です。

 

で、私の行なった訓練法自体は全然目新しいものではありません。
ディクテーションとリピーティングにすぎませんから。 私も留学前に日本の市販教材で
ディクテーションしていたことがありましたし、リピーティングというのも以前からある方法です。

 

でも、当時日本には(アメリカにも)映画やテレビドラマのセリフを文字にしたものはありませんでした。
映画館で日本語字幕を見るくらいです。だから「テレビドラマをディクテーションする」ということ自体、
思いつかなかったのです。

 

加えて、「アメリカにいれば英語が自然にうまくなる」という間違った先入観が私にもあったので、
ひたすら学生たちと話したり彼らの会話を聞くことでリスニングが向上するものと勘違いしていたのです。


ただ英語圏に住んでいるだけでは、カジュアルな日常会話のリスニングはほとんど伸びません。
相当の努力を意図的に払わなければダメです。


なぜなら、英語圏の生活でネイティブと会話するときは「多聴」と同じ聞き方をしているからです。
「多聴」の聞き方というのは、キーワードを何とか拾って、あとは構文知識と推測能力を使って
大ざっぱな趣旨と、大切なポイントを把握しようとする聞き方です。

 

実生活での聞き方は、どうしてもこうなります。

 

細かな部分で聞きとれないところがあっても、
それが大切な部分だろうがなかろうが、何度も何度も相手に繰り返してもらうわけにはいきません。
というか、何度も聞きなおすと 違う言葉や表現で言い直されます。

 

だから、いくらネイティブと一日何時間話したとしても、
聴きとれないモゴモゴしたタイプの音は いつまでも聞き取れないままです。

 

そして、カジュアルな会話はそうしたモゴモゴした音だらけ。
しかもセンテンスも短いので推測の手がかりになる材料も少ない。

 

こうした要素が重なって、日常会話がいつまでも聞き取れるようにならないのです。


そういうモゴモゴと苦手な音を聞き取れるようになるには
同じものを何度も聞いて、 どのような音が聞けないのか徹底的につきとめ、
文字と照らし合わせてその音を覚えこんでしまうしかありません。

 

これは、いわゆる 「精聴」型の訓練です。

 

映画やドラマで大きな部分を占めるカジュアルな会話のリスニング能力を大きく伸ばすには、
大意把握の多聴型の訓練ではすぐに行き詰ります。

 

必要なのは精聴型の訓練です。

 

 

で、映画を使った「精聴+リピーティング」トレーニングですが、昔はそう簡単にはできませんでした。
英文テキストが手に入りませんでしたから。

 

今では日本で好きなだけこのトレーニングが可能です。

 

英文字幕の見れるDVDがあるし、インターネットで英文スクリプトが無料で手に入る。
ていねいな解説つきのスクリプト本も市販されている。
(字幕やスクリプトがどこまで正確か、という問題もあるんですが、 それはまた別の機会に・・・)

 

ですから、あなたが手を伸ばしさえすれば、英語ネイティブ達のカジュアルな会話がしっかり聞ける
リスニング能力は、日本にいながらにしてあなたのものになるのです。

 

日本では、省エネ発音を徹底的に扱った教材がほぼ皆無であり、省エネ発音への認識も低いです。
マジメに英語を学んでいる人は、映画やドラマで耳にする現実のナマ英語の音と
英語教材の音のギャップに当惑し、 「なんか違うんだよな」と感じています。

 

でも、このギャップを埋めようにも、何をどうしたらよいのかがわからないまま、
無駄なエネルギーと時間、お金を費やしています。

 

この状況を打ち破るのに少しでも役立ちたいというのが私のささやかな願いです。
ですから「モゴモゴバスター」の価格は、誰でも無理なく入手できるように、
59ドル(5900円)と可能な限り低く設定しました。

 

アメリカに何ヶ月、何年住んでも、映画やテレビドラマのリスニングどころか、
アメリカ人と向き合って内容のある会話らしい会話がまったくできない人は数え切れないほどいます。

 

ご主人の任期期間である3年、または5年暮らしても、サバイバル英語だけの駐在員の奥さんたちも、
たくさんいます。 私はそのような人たちの教務指導を数多くやってきましたが、皆さん、
「日本に帰って英語が話せないのがバレると恥ずかしい」と、日本人経営の英語学校にやってくるのです。

 

日本人だけでつきあっていて、いつまでも観光旅行の延長のような生活をしている語学留学生たちにも
もうニューヨークの街などでは、そこいら中で出会います。(みんながみんなそうだってわけじゃないですよ。)

 

その一方、英語圏に長期滞在した経験はまったくなくても、きちんとした英語を話したり書いたりできる
日本人はいくらでもいます。商社時代の仕事を通じて私もそのような人たちに数多く会ってきました。
(そういう人達に出会うと、英語講師という元々の職業柄、本当に感激してしまいます。)

 

そして、DVDを活用して映画や海外ドラマが、しっかり理解できる人も少しずつですが増えています。

 

モゴモゴバスターを一つのきっかけとして、 あなたも、ぜひそうした人の一人になって欲しいと願っています。

 

 

  松尾光治

 

P.S. ご質問などあれば、ご遠慮なくご連絡ください。(お問い合わせはこちらを)

 

 

無料体験レッスン

ユーザーの皆様の声

なぜ効く?モゴモゴバスター、7つの特長

モゴモゴバスターホームページへ戻る
moshikomi

 

トップページ お問い合わせ 開発者ご紹介 無料サンプルレッスン よくある質問 お客様の声 私でも大丈夫? 個人情報保護